埋没毛と対策

ムダ毛を市販されているカミソリで処理している方は多いと思います。手軽に出来ますし、ムダ毛処理専用のカミソリが多く売られていますからね。しかし、カミソリによる自己処理によって肌トラブルが起きる場合があります。ここでは「埋没毛」についてお伝えしようと思います。

 

カミソリでムダ毛処理をしていると、何度もカミソリを往復させても処理出来ない毛が見つかりませんか?良く見てみると、毛が皮膚の下に生えていてカミソリで処理出来ない!という毛です。これが埋没毛というものです。

 

埋没毛は、カミソリで処理し過ぎた結果、皮膚が怪我をしたと勘違いして角質を厚くしてしまうところから出来てしまいます。新しい皮膚の再生により、その新しい皮膚の下に埋まってしまうのです。

 

こうなると毛はカミソリで処理することは出来ず、新しい皮膚を傷つけて掘り出して処理するしかなくなってしまいます。

 

埋没毛はそのままにしておいても、新しい皮膚が再生されると次第に押し出されるので放置しても大丈夫です。しかし、見た目が悪くなるので、埋没毛は作りたくないのが心情ですよね。

 

出来てしまった埋没毛は、スクラブで擦る・軽石で擦る・ピーリングをする、などの方法があります。皮膚を傷つけないように気を付けて取り除きましょう。